普光寺の縁起

承久三年(1221年)、鎌倉幕府(将軍源実朝)が、地頭平繁基をして毘沙門堂に堂領を献ずるとともに、僧道乗坊辯覚を天王堂(毘沙門堂)別当に任じ、浦佐川西地区に境を定め「永代殺生禁断」の令を下した。僧道乗坊辯覚はこの令を広めるため、また寺務執行のため、この地に大伽藍を建てたのが「普光寺」の創始と言われております。

慶長年間火災により普光寺が焼失したため、約70年間にわたり本格的な寺院建築の寺が無いまま経過してきたが、二十世賢弘和尚が延宝八年(1680年)四月「天下泰平・国王長久・風雨順時・万民与楽」めため、檀信徒の協力を得て再建したのが現在の普光寺であります。明暦三年(1657年)、徳川幕府は世間の風潮を憂い「嗜侈禁止令」を下した。この令に影響されたものか、普光寺の柱材等にその面影を見ることができます。

以降約300年余、檀信徒のよりどころ、集いの場所、また毎年の毘沙門裸押合い大祭の大祭本部及び講中宿泊場所として使われてきたところです。

しかし萱葦屋根であった寺も、時代の流れの中では、屋根修葦も材料・職人等の確保が難しくなったため、昭和44年8月、檀家の理解・協力のもと萱葦の上に亜丹で覆い、冬期間雪は自然落下になる様にしました。

昭和58〜59年、全国5ケ所で厳修された弘法大師1150年御遠忌が、昭和59年 10月総本山長谷寺化主「勝又俊教倪下」をお迎えし、越後・佐渡・信濃一円の豊山派道場として当普光寺において盛大に厳修されました。

1.戊辰戦争
2.寺宝館
3.不動明王
0.トップへ戻る

裸押合い大祭実行委員会
TEL:025-777-2001